2006年05月17日

RANDBETWEEN関数

RANDBETWEEN関数(らんどびとうぃーん関数)

=RANDBETWEEN(最小値,最大値)


RANDBETWEEN関数は、「最小値」と「最大値」の範囲で

一様に分布する「実数の乱数」を発生します。これらは

ワークシートの再計算のたびに新しい乱数を発生します。


この関数が使用できず、エラー値 #NAME? が返される場合は、

分析ツールから アドイン関数を組み込む必要があります。



1以上10以下の任意の実数。

=RANDBETWEEN(1,10)
2

ブックを開いた場合や

F4またはShift+F9を押した場合

規則性のない実数を表示します。
posted by かず at 11:44 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。