2006年02月20日

VLOOKUP関数でリストを使わず表示する

今回は、リストを使わずにVLOOKUP関数を利用する

方法をご紹介したいと思います。

一般的な使い方として

下の図のよう

リストを参照して商品から価格を表示する

方法を使って説明してみます。


vlookup03.gif

それでは

D3:D8セル を範囲選択し 

D3セル に

=VLOOKUP(C3:C8,H3:I5,2,FALSE)

と入力するか

関数の引数ダイアログボックスに

下の図のように入力して OKボタン を押してください。

つづいて

範囲選択したままの状態で

下の図のように

数式バー

数式の H3:I5 をマウスで選択し反転させます。

vlookup04.gif

そして

キーボードの F9キー を押します。

数式 が

下の図のように

=VLOOKUP(C3:C8,{"パソコン",99800;"デジカメ",34000;"モニター",42500},2,FALSE)

に変わるのを確認して


vlookup05.gif


Ctrl+Shift+Enter

押します。

vlookup06.gif

上の図のように

{=VLOOKUP(C3:C8,{"パソコン",99800;"デジカメ",34000;"モニター",42500},2,FALSE)}

配列数式になれば完成です。

これで

リスト(H2:I5)削除すること出来るようになり

リストを使わずにVLOOKUP関数を利用することが

できます。


この方法は、リストを作業領域としてシートに残したくない

時などに使うと便利かと思います。


一度、試してみてください。。テニス


-----------------------------------------------------------

少しは役にたったな。。と思った方は

人気Blogランキング(クリック)にご協力お願いします。

-----------------------------------------------------------

posted by かず at 12:07 | TrackBack(0) | エクセル関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。