2006年05月29日

RANK関数

RANK関数(らんく関数)

=RANK(数値,範囲,順序)

RANK関数では、データを降順または昇順で並べた場合

数値が範囲の中の数値の何番目に当たるかを計算します。

RANK関数では、重複した数値は同じ順位とみなされます。

数値が重複していると、その以降の数値の順位が適切に

調整されます。

順序に 0 を指定するか、順序を省略すると、範囲内の数値が

...3、2、1 のように降順に並べ替えられます。

順序に 0 以外の数値を指定すると、範囲内の数値が

1、2、3、... のように昇順で並べ替えられます。



 A B
1 5
2 2
3 3
4 3
5 4

=RANK(A1,A1:A5)
1
=RANK(A3,A1:A5)
3
=RANK(A4,A1:A5)
3
posted by かず at 12:14 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

離れた場所にある値に順位を付ける

今回は、離れた場所にある値に順位を付ける

方法をご紹介したいと思います。

順位を付ける場合、

RANK関数を使い順位を付けたい点数を

ブロックとして範囲指定することで順位をつける事が

出来ますが

下の図のように

順位を付けたい点数が二列に分かれているとブロックとして

Ctrlを使って範囲指定してもうまく認識してくれません。

rank01.gif

そんなときは

D3セル

=RANK(C3,($C$3:$C$7,$F$3:$F$7))

と入力してみてください。

RANK関数範囲の引数

($C$3:$C$7,$F$3:$F$7)

のように

( )で囲むことによって

認識してくれるようになります。

後は

D3セルD7セルまでとG3セルからG7セルまで

コピーしてください。

rank02.gif

これで、離れたセルの点数の順位を求めることができます。

また

もうひとつの方法として

C3:C7F3:F7名前の定義でブロックして名前を付け

RANK関数範囲の引数として利用する事で

同じように順位を求めることもできます。

一度、試してみてください。。有料


-----------------------------------------------------------

少しは役にたったな。。と思った方は

人気Blogランキング(クリック)にご協力お願いします。

-----------------------------------------------------------



posted by かず at 12:28 | TrackBack(2) | エクセル関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

CONVERT関数

CONVERT関数(こんばーと関数)

=CONVERT(数値,変換前単位,変換後単位)


CONVERT関数は、さまざまな数値の単位を変換します。

たとえば、メートル単位で表示されている距離を、マイル単位

に変換することができます。

「変換前単位」と「変換後単位」には、下図のような文字列を

指定することができます。

略語と単位の大文字と小文字は区別されます。

convert01.gif

下図に示す10のべき乗に対応する略語は、変換前単位や

変換後単位に前置きすることができます。

convert02.gif



1時間は60分
=CONVERT(1,"hr","mn")
60

1インチは2.54センチメートル
=CONVERT(1,"in","cm")
2.54

この関数が使用できず、エラー値 #NAME? が返される場合は、

分析ツールから アドイン関数を組み込む必要があります。

posted by かず at 11:40 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

RANDBETWEEN関数

RANDBETWEEN関数(らんどびとうぃーん関数)

=RANDBETWEEN(最小値,最大値)


RANDBETWEEN関数は、「最小値」と「最大値」の範囲で

一様に分布する「実数の乱数」を発生します。これらは

ワークシートの再計算のたびに新しい乱数を発生します。


この関数が使用できず、エラー値 #NAME? が返される場合は、

分析ツールから アドイン関数を組み込む必要があります。



1以上10以下の任意の実数。

=RANDBETWEEN(1,10)
2

ブックを開いた場合や

F4またはShift+F9を押した場合

規則性のない実数を表示します。
posted by かず at 11:44 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

3D集計(串刺し集計)する

今回は、下の図を見て頂いた通り

表1(東京営業所)表2(大阪営業所)シートの表を

利用して表3(集計月別)シートの表に

3D集計(串刺し集計)する方法を

ご紹介したいと思います。

表1
3D_01.gif

表2
3D_02.gif

表3
3D_03.gif

それでは、

表3(集計月別)シート

C4:F14 を範囲指定し下さい。

そして

ツールバーのΣ(オートSUM)ボタンをクリックします。

3D_04.gif

そのままの状態で

「東京営業所」シート見出しをクリック

つづいて

「大阪営業所」シート見出しを Shift を

押しながらクリックします。

これで、全てのシート見出しが選択された状態になります。


3D_05.gif


表1(東京営業所)が表示されている

状態になっていると思いますので

そのままC4セル をクリックして

再度

ツールバーのΣ(オートSUM)ボタンをクリックします。

3D_06.gif

これで、

表1(東京営業所)表2(大阪営業所)集計結果

表3(集計月別)表示することができます。

注意する点としましては

3D参照させる場合

今回のように表1・表2・表3 は

同じ形式の表を用意するようにしてください。


一度、試してみてください。。手(パー)


-----------------------------------------------------------

少しは役にたったな。。と思った方は

人気Blogランキング(クリック)にご協力お願いします。

-----------------------------------------------------------





posted by かず at 13:13 | TrackBack(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。