2006年01月31日

EOMONTH関数

EOMONTH関数(いーおーまんす関数)

=EOMONTH(開始日,月)

EOMONTH関数は、開始日から起算して指定された

月数だけ前または後の月の最終日に対応する

シリアル値を返します。

この関数を使用すると月末に発生する満期日や

支払日を計算することができます。


この関数が使用できず、エラー値 #NAME? が返される場合は、

分析ツールから アドイン関数を組み込む必要があります。




=EOMONTH("2006/3/10",2)
38868 (2006/5/31)

=EOMONTH("2006/3/10",-2)
38748 (2006/1/31)

posted by かず at 09:51 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

アドイン関数を登録する

Excelには、標準で組み込まれている関数の他に、

「関数の挿入」ダイアログボックスには表示されない

関数が幾つかあります。

この関数は、アドイン関数と言って、OfficeのCD-ROMから

マクロベースの分析ツールと共に、インストールすることができます。

今回は、そのアドイン関数登録方法をご紹介したいと

おもいます。


では、下の図のように

メニューバー の ツール(D)- アドイン(I) をクリックし

Add_in01.gif

アドインダイアログボックスを開きます。

分析ツール に チェック をいれ OK ボタンを押します。

Add_in02.gif


下の図のようなダイアログボックスが出たら 

Microsoft Office の CD-ROM を挿入し

OK ボタンをおします。


Add_in03.gif

これで、アドイン関数の登録がはじまります。

下の図のように

ツール(T) に 分析ツール(D) が追加されていれば

登録成功です。

add_in04.gif


注意点しましては、

アドイン関数を使用したファイル

アドイン関数の登録されていないExcelで開くと

当初は、正しく計算されますが、

再計算を試みるとエラーになってしまいますので

注意してください。


一度、試してみてください。。水瓶座


-----------------------------------------------------------

少しは役にたったな。。と思った方は

人気Blogランキング(クリック)にご協力お願いします。

-----------------------------------------------------------


posted by かず at 11:08 | TrackBack(0) | エクセル関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

CONCATENATE関数

CONCATENATE関数(こんけいとねいと関数)

CONCATENATE(文字列1,文字列2,..)

CONCATENATE関数は、複数の文字列を結合して

ひとつの文字列にまとめます。

CONCATENATE関数の代わりに文字列演算子「&」を

使うことも出来ます。



=CONCATENATE("山田","太郎")
山田太郎

="山田"&"花子"
山田花子
posted by かず at 11:16 | TrackBack(1) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

セル範囲の縦方向と横方向を逆転させる

今回は、指定したセル範囲の縦方向と横方向

逆転させる方法をご紹介したいとおもいます。


EXCELには「形式を選択して張付ける」機能の中に

行と列を入れ替える機能がありますが、

数式の入ったセルに使うとエラーになってしまいます。

そんな時の対処方法として

今回は、TRANSPOSE関数を利用して

各支店の車の合計を

行から列に入れ替えてみたいとおもいます。

では、

下の図のように

Transpose01.gif

C10セルからG10セルまでを

範囲選択します。

それて

数式バー

=TRANSPOSE(C3:C7+D3:D7+E3:E7)

と入力して

Shift+Ctrlを押してください。

{=TRANSPOSE(C3:C7+D3:D7+E3:E7)}

配列数式になり

各支店の合計を表示することができます。


一度、試してみてください。。雪


-----------------------------------------------------------

少しは役にたったな。。と思った方は

人気Blogランキング(クリック)にご協力お願いします。

-----------------------------------------------------------

posted by かず at 10:16 | TrackBack(0) | エクセル関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

TRANSPOSE関数

TRANSPOSE関数(とらんすぽーず関数)

=TRANSPOSE(配列)

TRANSPOSE関数は配列に指定したセル範囲の縦方向と

横方向を逆転させた値を、配列数式として返します。


EXCELには行と列を入れ替えてコピーする機能がありますが

この機能を利用した場合、数式の関係が保たれません。

しかし、TRANSPOSE関数を利用すると、元の計算結果が

変化した場合、その戻り値を反映させることができます。

また、TRANSPOSE関数を入力するセル範囲と配列に指定した

元の表とは、それぞれ列数と行数、行数と列数が一致する

必要があります。
posted by かず at 10:16 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

SIGN関数でコメント表示

今回は、在庫管理をしているときなど

見た目、便利な機能として

在庫がなくなった時にコメント(発注)

表示する方法をご紹介したいと思います。

今回は、符号「+」「-」を調べることが出来る

SIGN関数を利用してみます。

それでは

下の図のように

sign01.gif

E列 の在庫が  になったとき
  
F列 の詳細発注とコメントを表示できるように

してみます。

では

F3セル に

=IF(SIGN(E3)=-1,"発注","")

と入力してください。

そして、

F11セル までコピーしてください。

これで、

E8セル のように在庫が  になった場合

詳細(F8セル) に発注とコメントを表示する

ことが出来ます。

関数説明としましては

SIGN関数 で符号を調べ

IF関数 で  の場合に発注とコメント

表示するようにしています。

一度、試してみてください。。電車


-----------------------------------------------------------

少しは役にたったな。。と思った方は

人気Blogランキング(クリック)にご協力お願いします。

-----------------------------------------------------------



posted by かず at 11:50 | TrackBack(0) | エクセル関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

SIGN関数

SIGN関数(さいん関数)

=SIGN(数値)

SIGN関数は、「数値」の符号「+」「−」を調べます。

SIGN関数の戻り値は、数値が正の数の場合は[1]

0の場合は[0]、負の場合は[-1]を返します。



=SIGN(2)
1

=SIGN(10-10)
0

=SIGN(-0.02)
-1
posted by かず at 09:27 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

簡単にセルを入れ替える

今回は、簡単にセルを入れ替える

方法のご紹介です。


下の図をみていただいたとおり

idou01.gif

B列

2
3
1
4
5

と並んでいる数値を

連番に並び替えてみます。

それでは

idou02.gif

上の図のように

B4セル を選択し

Shift を押しながらマウスの左クリック

B2セル の上までマウスをドラッグします。

これで、2,3の上に1が移動し

連番で数値を並び替えることができます。


一度、試してみてください。。レストラン


-----------------------------------------------------------

少しは役にたったな。。と思った方は

人気Blogランキング(クリック)にご協力お願いします。

-----------------------------------------------------------





posted by かず at 10:50 | TrackBack(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

ワンポイントアドバイスを表示させる

Excelには起動させたとき

Officeアシスタント(カイルくん)が

ワンポイントアドバイスをしてくれる

機能があります。

結構、役に立つ機能の一つなので

今回は、表示させる方法をご紹介してみます。


まず、最初にOfficeアシスタントが表示されて

いないときは、メニューバー

ヘルプ(H)-Officeアシスタントを表示(O)

使ってカイルくんを表示させてください。

そして、下の図のように

Hint01.gif

カイルくんを右クリック

オプション(O) から

Hint02.gif

起動時にワンポイントを表示する(T)

にチェックを入れ OK を押してください。

これで、Excelを 再起動 させると

下の図のように

Hint03.gif

イルくん がExcelを起動するたびに

色々なワンポイントアドバイスを表示してくれるようになります。

一度、試してみてください。。サッカー


-----------------------------------------------------------

少しは役にたったな。。と思った方は

人気Blogランキング(クリック)にご協力お願いします。

-----------------------------------------------------------


posted by かず at 15:54 | TrackBack(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

配列数式を使ってSUM関数計算する

あけまして、おめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

年末年始と長い間お休みをしてしまいましたが

今日から、また、記事をアップして行きますので

よろしくお願いします。


それでは早速

今回は、SUM関数計算配列数式を使って

一度に計算する方法をご紹介します。

では

下の図をみて頂いたとおり


hairetsu01.gif

E8セル に

売上高合計配列数式を使って計算してみます。


配列数式

C3*D3
C4*D4
C5*D5
C6*D6

を一度にSUM関数で計算できる数式です。

E8セル に

=SUM(C3:C6*D3:D6)

と入力して

Shift+Ctrl を押しながら Enter を押してください。

これで E8セル に

={SUM(C3:C6*D3:D6)}

{ }が付加され売上高の合計が計算されます。

注意点としては

{ }は直接入力せず

Shift+Ctrl+Enter で入力してください。

配列数式は少し分かりにくいのですが

「セル範囲を参照してセル範囲に結果を返す数式」

です。

一度、試してみてください。。晴れ

-----------------------------------------------------------

少しは役にたったな。。と思った方は

人気Blogランキング(クリック)にご協力お願いします。

-----------------------------------------------------------








posted by かず at 11:52 | TrackBack(0) | エクセル関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。