2010年06月03日

FV関数

FV関数(えふぶい関数)

=FV(利率,期間,定期支払額[,将来価値][,支払期日])

FV関数は投資の将来価格を求める関数です。



ローンの計算

年利27%(月の利率は0.27/12)で30万円(現在価格)の
ローンを組んだ場合、月々2万円(定額支払額)を
1年間(12ヶ月)期首支払いしたときの返済残高を計算します。

 A     B    C   D     E    F
1 年利 月々返済額  期間 借入金  入金日  返済残金
2 27%   20,000   12  -300,000   1

F2=FV(A2/12,C2,B2,D2,E2)
113,650

今回の場合、\113,650が返済残金になります。

積立の計算

年利3%(月の利率は0.03/12)で月々2万円を積み立てた場合、

1年後(12ヶ月)満期額を計算します。

  A     B    C   D      E   F
1 年利  月々返済額 期間 現在積立金  入金日 満期額
2 3.0%   -20,000    12      0     1

F2=FV(A2/12,C2,B2,D2,E2)
243,936

今回の場合、\243,936が満期額になります。

PV関数が現在価格を求める関数に対し
FV関数は将来価格を求める関数です。
posted by かず at 10:39 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

PV関数

PV関数

PV関数(ぴーぶい関数)

=PV(利率,期間,定期支払額[,将来価値][,支払期日])

PV関数は投資の現在価格を求める関数です。



ローンの計算

年利27%(月の利率は0.27/12)のローンで、月々2万円(定額支払額)を

期首支払いして1年間(12ヶ月)で返済し終えるための

借入限度額を計算します。

  A     B   C    D    E     F
1 年利 月々返済額 期間 返済残金 入金日 借入限度額
2 27%   -20,000  12    0    1

F2=PV(A2/12,C2,B2,D2,E2)
212,982

今回の場合、\212,982まで借りる事が出来ます。



積立の計算

年利3%(月の利率は0.03/12)で月々2万円を積み立てて、

1年後(12ヶ月)に50万円積み立てるための現在の預金額を計算します。

  A   B     C   D     E     F
1 年利 月々返済額 期間 満期額  入金日 現在の預金額
2 3.0%   20,000  12  -50,000   1

F2=PV(A2/12,C2,B2,D2,E2)
248,505

今回の場合、\248,205の預金が必要です。
posted by かず at 15:16 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

RANK関数

RANK関数(らんく関数)

=RANK(数値,範囲,順序)

RANK関数では、データを降順または昇順で並べた場合

数値が範囲の中の数値の何番目に当たるかを計算します。

RANK関数では、重複した数値は同じ順位とみなされます。

数値が重複していると、その以降の数値の順位が適切に

調整されます。

順序に 0 を指定するか、順序を省略すると、範囲内の数値が

...3、2、1 のように降順に並べ替えられます。

順序に 0 以外の数値を指定すると、範囲内の数値が

1、2、3、... のように昇順で並べ替えられます。



 A B
1 5
2 2
3 3
4 3
5 4

=RANK(A1,A1:A5)
1
=RANK(A3,A1:A5)
3
=RANK(A4,A1:A5)
3
posted by かず at 12:14 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

離れた場所にある値に順位を付ける

今回は、離れた場所にある値に順位を付ける

方法をご紹介したいと思います。

順位を付ける場合、

RANK関数を使い順位を付けたい点数を

ブロックとして範囲指定することで順位をつける事が

出来ますが

下の図のように

順位を付けたい点数が二列に分かれているとブロックとして

Ctrlを使って範囲指定してもうまく認識してくれません。

rank01.gif

そんなときは

D3セル

=RANK(C3,($C$3:$C$7,$F$3:$F$7))

と入力してみてください。

RANK関数範囲の引数

($C$3:$C$7,$F$3:$F$7)

のように

( )で囲むことによって

認識してくれるようになります。

後は

D3セルD7セルまでとG3セルからG7セルまで

コピーしてください。

rank02.gif

これで、離れたセルの点数の順位を求めることができます。

また

もうひとつの方法として

C3:C7F3:F7名前の定義でブロックして名前を付け

RANK関数範囲の引数として利用する事で

同じように順位を求めることもできます。

一度、試してみてください。。有料


-----------------------------------------------------------

少しは役にたったな。。と思った方は

人気Blogランキング(クリック)にご協力お願いします。

-----------------------------------------------------------



posted by かず at 12:28 | TrackBack(2) | エクセル関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

CONVERT関数

CONVERT関数(こんばーと関数)

=CONVERT(数値,変換前単位,変換後単位)


CONVERT関数は、さまざまな数値の単位を変換します。

たとえば、メートル単位で表示されている距離を、マイル単位

に変換することができます。

「変換前単位」と「変換後単位」には、下図のような文字列を

指定することができます。

略語と単位の大文字と小文字は区別されます。

convert01.gif

下図に示す10のべき乗に対応する略語は、変換前単位や

変換後単位に前置きすることができます。

convert02.gif



1時間は60分
=CONVERT(1,"hr","mn")
60

1インチは2.54センチメートル
=CONVERT(1,"in","cm")
2.54

この関数が使用できず、エラー値 #NAME? が返される場合は、

分析ツールから アドイン関数を組み込む必要があります。

posted by かず at 11:40 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

RANDBETWEEN関数

RANDBETWEEN関数(らんどびとうぃーん関数)

=RANDBETWEEN(最小値,最大値)


RANDBETWEEN関数は、「最小値」と「最大値」の範囲で

一様に分布する「実数の乱数」を発生します。これらは

ワークシートの再計算のたびに新しい乱数を発生します。


この関数が使用できず、エラー値 #NAME? が返される場合は、

分析ツールから アドイン関数を組み込む必要があります。



1以上10以下の任意の実数。

=RANDBETWEEN(1,10)
2

ブックを開いた場合や

F4またはShift+F9を押した場合

規則性のない実数を表示します。
posted by かず at 11:44 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

3D集計(串刺し集計)する

今回は、下の図を見て頂いた通り

表1(東京営業所)表2(大阪営業所)シートの表を

利用して表3(集計月別)シートの表に

3D集計(串刺し集計)する方法を

ご紹介したいと思います。

表1
3D_01.gif

表2
3D_02.gif

表3
3D_03.gif

それでは、

表3(集計月別)シート

C4:F14 を範囲指定し下さい。

そして

ツールバーのΣ(オートSUM)ボタンをクリックします。

3D_04.gif

そのままの状態で

「東京営業所」シート見出しをクリック

つづいて

「大阪営業所」シート見出しを Shift を

押しながらクリックします。

これで、全てのシート見出しが選択された状態になります。


3D_05.gif


表1(東京営業所)が表示されている

状態になっていると思いますので

そのままC4セル をクリックして

再度

ツールバーのΣ(オートSUM)ボタンをクリックします。

3D_06.gif

これで、

表1(東京営業所)表2(大阪営業所)集計結果

表3(集計月別)表示することができます。

注意する点としましては

3D参照させる場合

今回のように表1・表2・表3 は

同じ形式の表を用意するようにしてください。


一度、試してみてください。。手(パー)


-----------------------------------------------------------

少しは役にたったな。。と思った方は

人気Blogランキング(クリック)にご協力お願いします。

-----------------------------------------------------------





posted by かず at 13:13 | TrackBack(0) | エクセル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

SUMPRODUCT関数

SUMPRODUCT関数(さむぷろだくと関数)

=SUMPRODUCT(配列1,配列2,....)

SUMPRODUCT関数は、引数として指定した

複数の配列、またはセル範囲の対応する要素を

掛け合わせ、その合計を返します。

「単価」×「数量」のような場合には、「合計」を

求める手間を省いて「総合計」を求める事ができます。




  A   B
1  4  10
2  6  25
3  8  30

=SUMPRODUCT(A1:A3,B1:B3)
430
posted by かず at 13:25 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

PRODUCT関数

PRODUCT関数(ぷろだくと関数)

=PRODUCT(数値1,数値2,...)

PRODUCT関数は複数の数値の積を求めます。

「単価」×「数量」のような計算では乗算演算子[*]を

使って数式を記述する方法が簡単ですが、掛け合わせる

ものが多い場合には、この方法が便利です。



  A
1 10
2 25
3 40

消費税計算
=PRODUCT(A1:A3,1.05)
10500
posted by かず at 10:12 | TrackBack(0) | 関数一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

FREQUENCY関数で点数ごとの人数を求める

今回は、FREQUENCY関数を使って点数ごとの

人数を求めてみたいと思います。

それでは、下の図をみて頂いたとおり

FREQUENCY01.gif

C列の英語点数結果から点数ごとの

人数を求めてみます。

では、

F3セルからF12セルを範囲選択して

F3セル

=FREQUENCY($C$3:$C$12,$E$3:$E$12)

と入力してください。

そのままの状態で

Shift+Ctrl+Enter

を押します。

FREQUENCY02.gif

{=FREQUENCY($C$3:$C$12,$E$3:$E$12)}

と数式が配列数式になり

これで、点数ごとの人数を求めることができます。

FREQUENCY関数は、あらかじめ点数の区切りとなる

値を入力しておき、引数区間配列として指定する

ことがポイントです。

一度、試してみてください。。iモード(枠付き)


-----------------------------------------------------------

少しは役にたったな。。と思った方は

人気Blogランキング(クリック)にご協力お願いします。

-----------------------------------------------------------


posted by かず at 10:18 | TrackBack(0) | エクセル関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。